東京オリンピックが開かれる2020年度から、こどもたちと英語を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。
特に、小学生・中学生は、「4技能」や「TOEFL®」など、親世代にはなじみのない、まったく新しい英語教育が始まります。こどもたちの将来と英語について、“こども英語教育改革”の内容をいろいろチェックしながら、一緒に考えてみませんか?

小学生の英語教育が変わる! こども英語教室選びで考えたい “将来使える英語”とは

ご存知ですか? 小学校の英語授業が公立でも小学3年生から始まること、そして、小中高すべての学校の授業、さらには大学入試までもが「4技能」中心になることを。こどもたち全員が小学生のうちから英語に触れ、英語学習の低年齢化がますます進む―。この大転換期に、どのように英語教室を選んだらよいのか? 親世代とはまったく違う“こども英語教育改革”の内容を一緒にチェックしながら、お子さまの将来に役立つ英語力について考えてみましょう。

これからの英語は「4技能」が当たり前

今後の小学校・中学校・高校の英語教育、そして、大学入試英語は「4技能」中心に変わります。こどもたちが英語を学ぶ上で“必須”となるこの「4技能」、皆さま、どの程度理解されていますか? ここでは4技能の具体的な中身と、こどもたちの英語や将来にどのように関わってくるのか、“4技能のキホン”について少し触れたいと思います。

4技能化で大きく変わる学校英語・受験英語

「技能」というとやや大げさに聞こえますが、「4技能」とは、listening(リスニング)、speaking(スピーキング)、reading(リーディング)、writing(ライディング)の‘four skills’の直訳です(※skill=「技術、技能、スキル」)。より具体的には、英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つのコミュニケーション能力のことを言います。

ご存知のように、社会のグローバル化が進むにつれ、英語でコミュニケーションをとる必要性がますます高まっています。そして実は、文部科学省の「学習指導要領」にも、小中高を通じて、こどもたちの英語によるコミュニケーション能力を育成し、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく育成することを目指す、と明記されています。

その一方で、多くのこどもたちにとって、英語学習の最大の目標と言っても過言ではない「受験英語」はどうでしょうか? 親世代でもそうでしたが、大学入試の英語問題はキホン、「読む」(文法・長文読解)の1技能だけを測定します。リスニングがある大学入試センター試験でさえ、筆記200点に対し、リスニングは50点しかない、1.25技能の試験です。

受験英語は、学習指導要領が求める4技能とは大きく異なっています。これにより、“大学合格”というこどもたちの目標を支援するために、これまで学校では1技能中心の指導にならざるを得なかったのです。

このような状況を鑑みて、文部科学省は東京オリンピックが開催される2020年度より、大学入試センター試験に代えて、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に測る目的でつくられた、TOEIC®(トーイック)やTOEFL®(トーフル)などの英語検定を大学入試英語に利用する準備を進めています。

いまの小学生・中学生のこどもたち全員が、このまったく新しい4技能型入試の対象になります。

4技能英語検定を利用している大学の例

実際には、2020年を待たずに、TOEIC®やTOEFL®などの4技能を測る英語検定を入試で利用している大学が急増しています。以下にあげたのはごく一部の大学ですが、TOEIC®・TOEFL®などで大学が定めた点数をクリアしている受験生は、入試で「加点」されたり、”みなし満点”扱いで「英語試験が免除」されたりするなどの優遇があります。

【TOEIC®やTOEFL®などの4技能英語検定試験を入試で活用している大学例】
関西学院大学、神田外語大学、九州大学、佐賀大学、上智大学、白百合女子大学、聖心女子大学、西南学院大学、専修大学、千葉大学、中京大学、筑波大学、東京理科大学、獨協大学、長崎大学、南山大学、広島大学、法政大学、宮崎大学、武蔵野大学、明治大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、早稲田大学 ほか
(※掲載は50音順。2017年7月時点での弊社調べ。2018年度以降に利用予定の大学も含む)

4技能を身につけるには

保護者の皆さまの大半は、「学校では読み書きばかりで、英語を聞いてもわからないし、自分が話すこともできない」ことを痛感されてきたことでしょう。しかし、大学入試英語が4技能評価の英語検定になることで、日本の英語教育はこどもたちが本当に使える英語力を身につけられるよう、大きく変わろうとしています。

だからといって、「じゃあ、これからは『話す』力を重点的につけるために、英会話を習おう」といったように、特定の技能だけを学習をしても4技能の総合力は身につきません。

たとえば、4技能英語検定の代表格TOEFL®は、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの技能別に4つのテストに分かれています。配点は均等に各30点、合計120点満点で評価されます。
仮に、スピーキングの1技能だけ突出してできる受検者がいて、30点満点をスピーキングで取れたとしても、全体の1/4の点数しか稼げません。

ちなみに、日本人のTOEFL® スピーキングの平均点(2016年度)は、30点満点中の17点。これは「世界最下位」という不名誉な結果で、このビリの状態が何年も続いているのです。そして現実問題として、30点満点は日本人の英語の先生でも滅多に取れない点数です。
また、スピーキング以外の平均点もそう変わりません。リーディングが18点、リスニング17点、ライティング19点。
日本人の英語は“4技能すべてつたない”ことが、はっきりとデータに表れています。

出題形式からも、4技能の総合力が不可欠なことがわかります。TOEFL®のスピーキングとライティングでは、たとえば「大学の講義の一部を聞いて、その内容を要約して1分間で話しなさい」「教科書的な文章を読んで、その内容に関する講義を聞いた後に、文章と講義内容で食い違っている複数の点について、それぞれ比較・対比した文章を書きなさい」といったように、「聞く」+「話す」、「読む」+「聞く」+「書く」といった技能統合型の問題も出題されます。

英語コミュニケーション能力の総合力を測る4技能検定では、“受信”するための「聞く」「読む」力だけでは足りません。「情報を瞬時に整理して正しく相手に伝えられる」「自分の意見を自分のことばで表現でき、なおかつ相手に自分の主張が確実に理解してもらえる」といった、“発信”するための「話す」「書く」力も必要です。

つまり、「聞く」「話す」「読む」「書く」力、どれが欠けてもダメなのです。

最後に、英語の腕前だけでなく、集中力や体力面などで見ても、新しい4技能英語検定は従来の試験よりもずっとタフになります。4つの技能を4つ別々のテストで測定するため、すべてのテストを終えるのに通常4~5時間、検定によっては2日間にわたって行われる、非常に負担の大きなテストです。
このような理由から、今後の大学入試は「英語だけで4科目ある」と言っても過言ではありません。

ですので、これまで親世代もやってきたような、高校に入ってから1~2年程度の受験勉強で、単語や文法などの知識を暗記した後にドリルや過去問をひたすら解く、といった従来型の学習法では、4技能の“実力”を問うテストにオールラウンドに対応できる英語運用能力を身につけるのは非常に厳しいでしょう。

4技能英語検定や大学入試への準備は、小学生のこどもたちが、英語に触れた瞬間から始まっているのです。

いまのこどもたちは TOEIC®・TOEFL®受検が“必須”に!?

「就職や人事評価で使われるTOEIC®(トーイック)をこどもたちが受ける!?」「TOEIC®は知っているけど、TOEFL®(トーフル)」って何?」など、驚かれるのも無理はありません。実は、東京オリンピック開催の2020年度から、センター試験に代えて、TOEIC®やTOEFL®などの英語検定を大学入試で使う準備が進んでいます。いまの小学生・中学生はTOEIC®・TOEFL®など英語検定が必須。そして、これらの検定で良い点数を取ることが、今後のこどもたちの英語学習の醍醐味の一つになってゆく…。このような、親世代はまったく経験したことがない、これからの大学入試で使われるTOEIC®とTOEFL®の特徴について簡単にご説明します。

TOEIC®・TOEFL®とは

TOEIC®もTOEFL®も、世界最大級のテスト開発機関Educational Testing Service(ETS)が開発した、実生活での英語コミュニケーションに必要な、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に測るテストです。それぞれ日本を含む、世界百数十ヵ国で実施されている「グローバルスタンダード(世界標準)」の英語検定です。

TOEIC®とTOEFL®の特徴や違いについて、以下に簡単にまとめてみます。

まず、TOEIC®(トーイック)はTest of English for International Communicationの略です。主に大学生や社会人を対象に、日常生活や仕事で必要な4技能の英語運用能力を測定します。

皆さまご存知のとおり、日本では多くの企業が、社員の採用や昇進・昇給などの評価にTOEIC®を利用しています。「聞く」「読む」力を中心に測るTOEIC® Listening & Reading Testと、「話す」「書く」力の評価に特化したTOEIC® Speaking & Writing Testsの2種類のテストが広く使われています。

次に、TOEFL®(トーフル)はTest of English as a Foreign Languageの略です。親世代にはなじみが薄いかもしれませんが、50年以上の歴史を持つ、世界130ヵ国で実施されている「世界基準」の英語検定です。ちなみに、TOEIC®はこのTOEFL®を元にETSが開発したと言われています。

TOEFL®は、おもに英語圏の大学・大学院への留学希望者が対象のテストです。キャンパスライフや講義など“大学”を中心とした、アカデミックな場面でのコミュニケーションに必要な「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に評価します。

大学に入ったら即TOEIC®!

「TOEIC®が必要なのは、“就活”が始まってから」と思われている方が多いかと思います。しかし実際には、すでに“大学入試”で広くTOEIC®は利用されています。

たとえば、2016年度の大学入試では、全国の約半分の大学がTOEIC®を活用していたことが、TOEIC®を日本で実施・運営する「国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)」の調査でわかっています。

また、TOEIC®の利用は入試だけに留まりません。早稲田大学、明治大学、法政大学、同志社大学などでは、大学全体または学部単位で、TOEIC®を学生に一斉受検させて、その結果を英語習熟度別のクラス編成、交換留学生の選抜、就活支援などに幅広く役立てています。

このようなTOEIC®の利用は私立大学だけでなく、筑波大学、広島大学、岡山大学、佐賀大学などの国立大学でも見られます。なかには、入学直後の新入生全員にTOEIC®を受検させる大学もあるほどです。
さらに、龍谷大学 国際学部のように、卒業要件としてTOEIC® 730点以上取得を必須とするところも出てきました。

大学入試センター試験に代わり、2020年度から始まる新テスト『大学入学共通テスト(仮称)』の英語では、TOEIC®以外にもさまざまな英語検定の利用が検討されています。

しかしながら、「大学に入学したら即TOEIC®!」という大学が急増中というトレンドより、早いうちからTOEIC®につながる英語学習をしておくと、効率よく進められるでしょう。

大学留学を希望するならTOEFL®

TOEFL®は、米国など英語圏の大学・大学院への留学希望者が受検する英語検定であり、これまでは”知る人ぞ知る”テストでした。しかし近年、TOEFL®が日本の学校教育や大学入試で注目されるようになりました。その理由とは?

たとえば、開成高等学校や渋谷教育学園渋谷高等学校といった国内有数の進学校では、東京大学ではなく、ハーバード大学やイェール大学といった世界の名門大学に合格・進学する学生が増えていることをご存知でしたしょうか?

また、大阪府は、高校の3年間で英語圏の大学に進学できるレベルの英語力育成を目的に、府立高校でTOEFL®対策の授業を試験的に導入しています。

さらに、早稲田大学、明治大学、法政大学、関西学院大学、立命館大学などでは、TOEFL®の大学入試利用がすでに始まっています。

TOEFL®もTOEIC®同様に大学入試で使えますが、ひとつ注意点があります。それは、TOEFL®はTOEIC®に比べると、アカデミック色がずっと強いという点です。

具体的には、大学の一般教養レベルの人文・社会・自然科学系の教科書的な文章や講義内容を、短い時間で読んで、あるいは聞いて理解し、その内容について自分のことばで話す、あるいは書いて説明ができるか、というレベルの英語力が求められます。

そして、TOEFL®は有名な大学になればなるほど、必要な点数が上昇します。英米の名門大学ともなると、TOEIC®なら900点台、英検なら1級に相当する英語力が入学前に必要です。日本でも、早稲田大学 国際教養学部や上智大学 国際教養学部などの“国際系”学部に入学するには、海外の名門大学と同じぐらい高いTOEFL®の点数が必要になってきます。

以上のような理由より、海外大学への進学や、日本の大学から英米の大学への交換留学を将来の選択肢に考えている“海外組”のお子さまはTOEFL®受検が必須になります。

一方で、日本の大学を目指す“国内組”のお子さまは、TOEIC®につながる英語学習を早期からされておくと、大学入試だけでなく、大学入学後の学業や就活などにもダイレクトに役立つでしょう。

いずれにせよ、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の総合学習が、これからの英語では“必須”です。

従来型の英語検定はもう古い。 これからは未来型英語コミュニケーション能力テスト「JET(ジェット)」

高跳び選手は、具体的な目標値を示すバーがあって初めて、その跳躍力を高めてゆけます。バーの高さを測ってみなければ、自分にどれだけの力や腕前があるのかわかりませんし、進歩もわかりません。英語もまったく同じで、「テストなくして進歩なし」です。こどもたちが着実に能力を高め、さらに飛躍していくために、成果を測る“ものさし”として英語検定が必要なのです。こどもたちと英語を取り巻く最新の状況をチェックしながら、これからの英語検定について考えてみたいと思います。

将来のTOEIC®につながる!こども英語検定「JET」とは

こどもたちの学習成果や習熟度を測る英語検定も、これからは「世界標準」のテストが好ましいでしょう。将来のTOEIC®などにもスムーズにつながれば、なおよしです。

これからご紹介する、こども向け英語検定「JET(Junior English Test;ジェット)」は、米国のInstitute for Measurement in Education and Training(IMET)というテスト機関が開発しています。

このIMETを率いているのが、ETSでTOEIC®やTOEFL®の開発・普及に携わった、スティーブン・スチューパック氏。
そして、JETは特にTOEIC®をモデルとして設計されています。

より具体的には、日本で年間250万人以上の大学生や社会人などが受検しているTOEIC® Listening & Reading Testと同じように、JETは4技能の中で最初に習得すべき“受信”する力、つまり「聞く」「読む」力の測定に重点を置いています。

おもに小学生のこどもたちの、日常生活における英語コミュニケーション能力を測定する「世界標準」の英語検定がJETです。

JETは日本以外の、英語教育が日本よりも進んでいる韓国や中国でも実施されています。特に、保護者の英語教育熱が非常に高いことで知られる韓国では、年間十万人以上がJETを受検しています。日本で行われているリスニング&リーディングテストだけでなく、スピーキングやライティングテストも追加で実施されているほどです。

JETと他のこども英語検定の違い

世界標準であること、TOEIC®につながる設計であること、小学生を中心としたこどもたちの実生活での英語コミュニケーション能力を測定すること以外のJETの特長について、最後に少しお話しします。

日本製の英語テスト、たとえば、学校の試験や入試、英検などは、指定の教科書やカリキュラムなどに沿ってつくられています。どれだけ学習した内容がわかっているか、特に習った単語や文法を覚えているかを確認することがテストの目的だからです。

これに対して、米国生まれのJETは、特定の教科書やカリキュラム準拠ではありません。さまざまな国・年齢のこどもたちの英語運用能力、つまり、英語をどれだけうまく読めて、聞けて、理解できるのか、といった英語コミュニケーション能力を「世界標準」で測るテストだからです。

ですから、JETが従来型の日本のテストや検定と大きく違う点の例として、日本の小学校・中学校の一般的な英語教科書では習わないものの、ネイティブにとっては実生活で必須の単語・表現がJETではたくさん出題されます。

以下のような語彙が、JETで実際に出題されています。
皆さま、それぞれの英語がスラスラと口から出てきますか?

【QUIZ】 これを英語で言えますか?
1. なべ (スープ・シチュー用の深なべ)
2. はしご
3. 彫刻
4. シャボン玉を吹く
5. 窓から外を見る
6. 犬を散歩させる
7. 花に水をやる
8. 並んで待つ
9. 床をほうきで掃く
10. くずかごをからにする

いずれも、ネイティブであれば小学生でも知っていて当然の語彙ばかりです。

しかし、いまの日本の英語教科書やそれに準拠した検定試験などでは、このような“実生活で必須”の基礎語彙の指導が極めておろそかになっています。日常英会話も満足にできないと感じる日本人が多数いる理由の一つはココにあると思います。

お子さまに将来「使える」英語を身につけさせるには、きちんと「使える」英語が測れる検定でなければなりません。

※JETに関する詳しい情報は、JET公式ホームページをご覧ください。無料で過去問および解説もご覧になれます: https://www.jet-japan.ne.jp/

【上のQUIZの答え】
1. pot
2. ladder
3. sculpture
4. blow bubbles
5. look out the window
6. walk a dog
7. water flowers
8. wait in line
9. sweep the floor
10. empty the trash

「英会話教室に通ったのに、 英語が話せるようにならなかった…」 そんな経験をお持ちの方へ

英会話教室に通って話す練習をするだけでは、英語はペラペラになりません。英語でのコミュニケーション能力は、単語や会話表現、文法などの知識をまず「インプット」し、実際にその知識を使って「アウトプット」してみることで初めて体得できます。また、いまの小学生・中学生のこどもたちに必須となる「4技能」は、英会話練習だけでは育むことはできません。お子さまにとって、効果的な英語学習法や本当に必要な英語力について、一緒に再確認してみませんか?

インプットが無ければ話せない

「英語を話せるようになりたいから、話す練習をたくさんやらないと!」と英会話教室に通われている、あるいは過去に通われた経験がある保護者さま、お子さまは結構いらっしゃると思います。皆さまの英会話レッスンの効果はいかがでしたか?

一般的に、英会話の練習をするだけでは、新しいことはあまり学べません。会話練習の相手がネイティブであっても、自分が口に出した英語の発音や文法が正しかったかをチェックしてくれたり、時々、教科書には載っていない、ネイティブっぽい“くだけた”言い回しを教えてくれたりするぐらいが普通だと思います。

なぜなら、英語を「話す」ということは、当たり前のことですが、自分が“すでに知っている”単語や会話表現、文法などの知識を駆使して、自分の言いたいことを表現したり、伝えたいことを発信したりすることだからです。

つまり、英会話の練習は、「自分がこれまで学習してきたことが、実際にどれだけ使いこなせるのか?」、この確認にしかならないのです。

ですから、「とにかく英会話ができるようになりたい!」という理由で、ネイティブとの個人レッスンを受けたとしても、自分が使いこなせる語彙や文法などの“インプット”が十分に備わっていなければ、自分の言いたいことを発信・表現する“アウトプット”力は向上しません。

特に、英語を習い始めたばかりの小学生のこどもたちは、家の中にある物からして、「『なべ』は英語でなんて言うんだろう? じゃあ、『冷蔵庫』は? あれは? これは?」といったように、英語では知らないことだらけの状態です。

そのような状態で英会話のレッスンを受けたところで、ネイティブ講師との会話ではなく、講師が話す英語をただひたすら「聞く」練習にしかならなかったり、さらに悪いことに、先生が言う英語が理解できず、ただ”おうむ返し”しているだけで全然身についていなかったり、というようなことがしばしば起こるわけです。

いくら、母語である日本語の干渉が大人よりも少ない分、英語の発音を聞き取る力が比較的高いと言われている小学生のこどもたちでも、こうした英語学習法では、お子さま本人にとっては苦痛でしかなく、「英語嫌い」になってもおかしくないでしょう。

Output follows input.インプットはアウトプットに先行する。つまり、インプットなしにはアウトプットは産まれない。これは言語学者も認めており、専門家の中には、単語や会話表現、文法などの英語知識の引き出しがほぼゼロからスタートするこどもたちの場合、インプット9割に対し、アウトプットは1割のバランスで十分という人もいるほどです。

インプットとアウトプットは同時に鍛えなければ意味がない

繰り返しになりますが、英語を「話す」といったアウトプットは、すでに自分の頭や身体にインプットされた単語・表現、文法などの知識がどれだけ使えるかの確認作業です。「話す」というアウトプット練習そのものからは、新しい知識は増えません。

しかし、自分が英語を「話す」際には、「正確に単語の発音ができるか?」「文法が適切に使えているか?」といったように、細かな点まで注意するため、インプットした知識の精度を高めることにはつながります。

つまり、インプットした英語を、話したり書いたりしてアウトプットしてみることで、さらなる英語の定着が図れるわけです。

ですので、現在、保護者さまも含め、英会話レッスンを受講中の方はぜひ、このインプットとアウトプットの関係を意識して臨んでみてください。

先生から教わるという受け身の姿勢ではなく、日頃の学習でインプットした英語をアウトプット練習する場として積極的に活用してみれば、いままでよりもスムーズに会話できるようになるかもしれませんよ。

最後に、アウトプット練習が目的の英会話レッスンでは、必ずしもネイティブ講師である必要はありません。むしろ、初級~中級レベルの英語学習者は、最初のうちは日本人講師と練習した方が、いざというときは日本語で質問できるという安心感があります。ですから、初中級者にはオススメです。

「発音が気になる」と言う方がいらっしゃるかもしれませんが、普段インプットしている英語がネイティブ音声であれば、それをアウトプット練習する相手はノンネイティブでも大丈夫です。

英語は「4技能の総合評価」の時代へ

ご存知でしたか? 文部科学省は東京オリンピック開催の2020年度から、大学入試センター試験に代えて、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に測る、TOEIC®(トーイック)やTOEFL®(トーフル)などの英語検定を、大学入試に利用する準備を進めています。

いまの小学生・中学生のこどもたち全員が、親世代では経験者ゼロの、このまったく新しい4技能型入試の対象となります。

たとえば、4技能英語検定の代表格TOEFL®は、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの技能別に4つのテストに分かれています。配点は均等に各30点、合計120点満点で評価されます。

仮に、スピーキングの1技能だけ突出してできる受検者がいて、30点満点をスピーキングで取れたとしても、全体の1/4の点数しか稼げません。

ちなみに、日本人のTOEFL® スピーキングの平均点(2016年度)は30点満点中の17点。これは「世界最下位」という不名誉な結果で、このビリの状態が何年も続いているのが事実です。現実問題として、30点満点は日本人の英語の先生でもめったに取れない点数です。

さらに、これは皆さまにも知っておいていただきたい重要な点ですが、TOEFL®のスピーキングは、英会話のテストではありません。むしろ、4技能の総合力が不可欠なテストです。

たとえば「大学の教科書的な文章を読んだあとに、その内容に関する講義を聞き、それぞれで得た情報を組み合わせて、要点を1分間でまとめて話しなさい」といった、「読む」+「聞く」+「話す」の技能統合型の問題も出題されます。

このように、英語コミュニケーション能力の総合力を測る4技能検定では、“インプット”するための「聞く」「読む」力だけでは足りません。「情報を瞬時に整理して正しく相手に伝えられる」「自分の意見を自分のことばで表現でき、なおかつ相手に自分の主張が確実に理解してもらえる」といった“アウトプット”するために十分な「話す」「書く」力も必要です。

つまり、「聞く」「話す」「読む」「書く」力、どれが欠けてもダメなのです。

これからの大学入試英語は、TOEFL®などの4技能の総合力評価へと大きく変わります。ですから、こどもたちの英語学習も、小学生のうちからネイティブの英語音声を聞いて発音し、発音した単語を繰り返し書いて覚える。そして、覚えた単語を使って英文を読み、読んだ内容を理解しているか、英語で質問に答え確認する・・・。

こうしたインプットとアウトプットの関係を十分に意識しながら、4技能のバランスの良い総合学習を行うことが、これからの英語では“必須”なのです。